自動車保険の必要性について

遭って欲しくないことですが、予期しなくてはいけないものに交通事故を挙げることができます。
この交通事故に関連した自動車保険にはさまざまな種類がありますが、簡単にいうと任意のものと、強制で加入する保険があります。
この強制の自動車保険が、自賠責自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)といわれるものです。
この保険は、公道を走るすべてのクルマやバイクに加入が義務づけられており、人身事故の際の出費を保障してくれます。
しかしこの保障はすべての損害をすべて保障してくれるというものではありませんので、注意が必要です。
ではこの自賠責自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)にはどのような保障があるのでしょうか。
損害事故の場合には慰謝料というものが支払われるようになっています。
基本的には1日4,200円になっていますが、限度額が120万円ですので、それを超える場合には自腹で支払う必要が生じます。
では死亡事故の場合にはどのくらいまで慰謝料が支払われるようになっているのでしょうか。
死亡の際には最高で3000万円で死亡に至るまでの損害に関しては120万円から650万円という限度額があります。
後遺障害がある場合にはまた別の基準があり、それらの範囲内での保障を受けることができます。
しかし実際に入院などになりますと、これらの保障では必要分が確保できないという現実もあり、任意で自動車保険に加入している方がほとんどのようです。
ちなみに上記に挙げた自賠責自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)ですが、この証明書を自動車に積載していなかったり、有効期間が過ぎていたような場合には30万円から50万円の罰金になっており、近年ではさらに厳しくなっているといわれていますので、注意が必要です。
また種類は異なりますが、ひき逃げなどで犯人がわからない場合には政府保障事業というものがあり、保障されるようになっていますが、この場合には保証条件等も厳しくなっていますし慰謝料の支払いも遅くなってしまいます。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2016自動車保険の必要性について.All rights reserved.